自己破産に必要な資料

自己破産の申し立てには、様々な資料が必要となります。
面倒だと感じるかもしれませんが、借金を免責してもらうために、どれも必要な書類になりますので、ご協力をお願い致します。
ただし、作成する書類は、基本的に弁護士がお客様から事情を聞いて作りますので、お客様ご自身の負担はそれほど大きくはありません。
ご安心ください。

  1. 申立書
  2. 陳述書
    借金を作るにいたった原因や、ご本人の経歴、生活状況などを記載します。
  3. 債権者一覧表
    借入先を記入します。記入漏れなどがあると、免責されない可能性があるため、慎重に記載する必要があります。
  4. 財産目録
    所有している財産を記入します。
    現金や預金、保険や自動車などがこれに当たります。
  5. 家計簿
    過去3ヶ月分の家計の状況を記入します。
    一般の家計簿ほど細かいものではありません。食費○○円、家賃○○円、交際費○○円というように項目事に書いていきます。
  6. 本人確認書類
    住民票と戸籍謄本が必要になります。
  7. 給与明細書、源泉徴収票
  8. 住民税の課税証明書
  9. 預金通帳の写し(2年分)
    財産を隠していないか、債権者の記入漏れがないかの確認のために必要になります。おまとめ記帳などがなされている部分については、銀行に明細を出してもらう必要があります。
  10. 賃貸借契約書
    住んでいるマンションやアパートの賃貸者契約書が必要です。
  11. 車検証、自動車の査定書
    自動車を持っている場合は、これらの書類も必要となります。
  12. 解約返戻金見込書
    生命保険等に入っている場合は、解約返戻金の額がわかる書類を用意します。
  13. 退職金の額の見込書
    将来退職金が出る場合は、その見込み額がいくらか説明する必要があります。

事案によって、上記以外の書類が必要になる場合もあります。
全て弁護士が説明いたしますので、ご安心ください。

このページの先頭へ