自己破産までの流れ

当事務所にご依頼いただいた場合、すぐに、当事務所より受任通知を発送します。
これによって、債権者からのお客様への取り立てがストップします。

しばらくすると、債権者より、当事務所宛に、取引履歴が届きます。
資料が届いたら、弁護士が借金の額を計算しなおします。
その結果、借金がなくなってしまったり、逆に過払いがあるということが発覚する方も何割かいらっしゃいます。

・方針の決定
計算の結果をもとに、方針を最終決定します。
過払いが発生している場合は、それを回収し、お客様にお渡しいたします。方針が破産から変わらない場合は、破産手続きに入ります。

自己破産手続き

自己破産に必要な資料をそろえて弁護士が裁判所に申し立てをします。

弁護士が裁判官と面接をして、同廃事件か管財事件かが決まります。

同廃事件の場合は、免責審尋を経て手続き終了となります。免責審尋のみ、お客様に裁判所にお越しいただくことが必要です(もちろん弁護士が同行します)。

管財事件の場合は、管財人面談と債権者集会(管財事件では免責審尋も兼ねています)が必要となります。
ただし、債権者が消費者金融などの業者であれば、債権者集会に債権者が出席してくることはほとんどありません。

手続きが終われば、無事借金が免責され、人生の再スタートです。

弁護士連絡先

このページの先頭へ