弁護士に早めに相談した方が良い理由

借金問題で困っている場合、弁護士に早く相談した方が良いということは、このブログでも、繰り返し言ってきたことです。
理由はいろいろありますが、よく言われることは、過払い金が発生している場合に、業者がつぶれてしまうと回収できなくなるためというものです。

では、業者が潰れなそうな場合は急ぐ必要はないのでしょうか。
そんなことはありません。

業者が潰れない場合でも早めに回収するに越したことはありません。
弁護士に依頼後、過払い金を利息を含めて満額回収しようと思ったら、訴訟は避けられません。
交渉で解決することも可能ですが、その場合は利息分を妥協したり、業者によっては元本のいくらかを妥協しなくてはいけません。
現在のところ、特にアイフルは交渉段階で満額返還してくることはまずありません。

8割回収する場合、100万円過払いのところを80万円返ってくるのだから、まあいいかと思うかもしれませんが、元を正せばそれは、貴方自身が持っていたお金です。
しかも回収金額のうち2割程度は弁護士報酬となってしまいます。

返済を続けている限り、過払い金や利息の額は大きくなっていくわけですが、弁護士費用を考えれば、早めに回収しないことは明らかに損となります。

自己破産の場合でも早めの相談が吉

また、たとえ過払いが発生していない場合(自己破産する場合)でも、早めに相談するのがベストです。
借金の額が大きくなると、同廃事件ではなく管財事件となってしまう可能性があがり、ご本人の経済的負担や精神的負担が多少なりとも増えてしまうからです。

当事務所ではいつでも、借金問題の相談を無料で受け付けております。
ご依頼される、されないにかかわらずお気軽にご相談ください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ