弁護士費用の用意の仕方

弁護士にご依頼いただく場合、弁護士費用をお支払いいただく必要があります。

この弁護士費用は、ご依頼いただいた後に、積み立てていただくことが可能ですので、ご依頼時にお持ちいただく必要はありません。
当事務所は弁護士費用をおさえているつもりですが、それでも、やはり、20万、30万という金額をご準備いただくことは容易ではないはずです。

ご依頼いただいた後は、弁護士が介入通知を出し、返済を止めることができますので、その間に弁護士費用や裁判所におさめる印紙代などをご準備いただくこととなります。

気をつけていただきたいのは、弁護士費用の分をあらかじめ借り入れてくるということです。
これは絶対にやってはいけません。
自己破産をするために借り入れをおこなうという行為は消費者金融に対する詐欺にもなりかねないからです。

弁護士費用の用意は後回しで結構ですので、借金の返済に困っているという方はまずは、とにかく相談するということだけ覚えておいていただければと思います。
相談さえしていただければ、弁護士が適切に対応することが可能です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ